So-net無料ブログ作成
検索選択

台風26号、日本直撃!米軍の進路予想図 [天気]

台風26号 進路予想

10月15日(火)現在の台風26号の情報。

2013年で最強の台風が、明日の日中には東海関東に急接近します。


米軍の進路予想図
m_wp2513-d3cce.gif

大型で強い台風26号は、今日15日は日本の南海上を北上して、明日16日には暴風域を伴ったまま
関東地方にかなり接近する恐れがあります。

台風は、15日午前9時現在では、日本の南を1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます。台風の雨雲が大きいだけでなく、強風域が広いため、今日から明日にかけて西日本から北日本の広い範囲で暴風や高波、大雨に厳重な警戒が必要です。

西日本から東日本では、広い範囲で非常に強い風が吹き、暴風となる所があります。海上は波が高く、大しけとなる見通しで、16日には東日本の太平洋側で猛烈な風と猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

明日にかけて予想される最大瞬間風速は、関東・伊豆諸島・北海道で50メートル、東北太平洋側・東海で45メートル、北陸・近畿・沖縄で35メートル。

波の高さは、関東・伊豆諸島で12メートル、東北太平洋側・東海で10メートル、沖縄・北海道で9メートル、近畿・九州南部・奄美で7メートル、九州北部・中国・北陸で6メートルとなっています。
 
近畿から北日本では、明日にかけて雷を伴って1時間に50ミリ以上の激しい雨が降り、特に関東甲信では局地的に80ミリを超える猛烈な雨の降る所がある見込みで、広い範囲で大雨となる恐れがあります。

明日朝までに予想される雨量は、多い所で東海400ミリ、関東甲信・伊豆諸島300ミリ、東北・北陸・近畿250ミリ。

news2029749_6.jpg


また、その後も北日本を中心に降水量はさらに増える見込み。低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

さらに、大気の状態が非常に不安定となるため、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となってきます。

2013年最高の台風です!今のうちに備えて、いつきても柔軟な対応ができるように準備しておきましょう。

みなさん、お気をつけてください!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。