So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年、十三夜って、風習って何、結局いつ見れるの [天気]

今年の十五夜も綺麗でしたね。

十五夜を楽しんだら十三夜も楽しまなくちゃもったいない!

僕自身最近になって知りました。
なので今年の十三夜、すごく楽しみです!
そんな十三夜について、みなさんはどのくらい知ってますか?

img_993823_66614109_0.jpg

十三夜って?

十三夜とは陰暦の9月13日のことを指します。
昔から、十五夜の次に美しい月とされており、お月見などが催される夜となっておりました。
満月ではなく、月の左側がすこし欠けていて、そこに趣があるいわれているようです。

昔は毎月15日を十五夜、13日を十三夜と呼んでいたそうですが、
現在では、月のきれいな秋の夜、
陰暦8月15日を「十五夜」、陰暦9月13日を「十三夜」限定して使われています。

この月に収穫した里芋を備えることから、芋名月と呼ぶ地方もあり、
これにちなんで、十三夜は大豆や栗を備えることから、豆名月・栗名月とも呼ばれるそうですよ。

b0202345_8493828.jpg

十三夜の風習って?

十五夜と十三夜は対と考えられており、十五夜を眺めて、十三夜を見ないというのは「片月見」として忌み嫌われたそうです。

江戸時代の遊里では、十五夜と十三夜、両方のお月見をしない客は遊女らに嫌われたそうで、
それを利用し、十五夜に有力な客を誘い、十三夜にも必ず来させる、という二度目の通いを確実にさせる風習があったようです。



十五夜を楽しんだら、十三夜も楽しまなきゃもったいない!というよりは両方見ないと縁起が悪い!ということみたいですね、でも両方とも綺麗なんですから、見なきゃ損ですよね。

そんな、十三夜ですけども、見ることができる日は10月17日、そう!今日ですよ!!
うっかり忘れてしまって、危なかったです。
ということで、今日は優雅に月見をしながらの晩酌としたいと思います。
みなさんもぜひ、十三夜をその目で見て楽しんでくださいね!

余談ですけど、平安貴族は杯や池に映る月を見て楽しんだといわれています。なんとも風情があるとは思いませんか?

今回は僕も杯に月を映して、平安貴族になりきりたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。